VR創世記

VRを創業する

PlayStationVRが、話題になっています。

2016年はVR元年として、新たな仮想体験が産声を上げました。
そして2017年は、さらなる拡大の年となりそうです。

VRは、ヘッドマウントを装着して仮想空間で疑似体験が出来る装置ですが、
その没入感は半端ではありません。

VRで体験する擬似的なリアリティは、今までに無かったものです。

すぐ目の前に「あるはずのないもの」が存在しています。
それは、強烈な記憶として頭の中に残ります。
そんなVR映像を制作して納品した実績が弊社でもちらほら出てきました。
その中の1つを制作事例として

たまたま、医療系のお客さんからの依頼があり、

「患者さんの症状をバーチャル空間で疑似体験できないか」
というご相談をいただきました。

精神疾患の患者さんが見ている世界を擬似的に体験して
患者さんの病状を理解して貰おうというのが狙いです。

実際に制作したVR映像は大変好評でした。

VR映像の展開はゲーム産業が主流と言われていますが
その他の産業でも、展開が期待されています。

実際に体験するには危険な場所、距離的にすぐには行けないなどの場所的な制限に
縛られないこともVRの魅力の一つだと思います。

幸運なことに、弊社でもVRが話題になる少し前から
映像制作を行うことが出来ました。

制作手法も、ゲーム系の3DCG等で構築したバーチャル空間と
カメラで実写を撮影した映像に加工をしたバーチャル空間がありますが
弊社では、比較的に実写の撮影の経験値が多い事もあり、実際に撮影したものを
VR映像に加工する手法を取りました。

CGでも製作可能ですが、制作予算と期間を考えると
短期間で制作するのであれば実写で撮影するほうが安く済んだりします。

製作のスパンが長いものは、結果的にCGで制作したほうが安く済む場合もあります。

実際の工程は少し複雑なのですが
実写を撮影して取り込んで編集(ステッチ加工テロップ表示加工)を施して
いざ、VRデバイスでプレビューといった感じで日々制作しております。

今後も、VRを視聴する機材や制作環境も変化することにより
表現できる、幅が広がりそうな気がします。

まだまだ、VR黎明期ということで楽しみな分野ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です